sofa:ヴァイスラウム展 2018

sofa
IMG_4119.jpg

IMG_4125.jpg

IMG_4149.jpg

IMG_4145.jpg

IMG_4779
素材:油性インク、ハーネミューレ
Material: Oil-based ink, Hanemuele


galerie weissraum/京都
galerie weissraum/Kyoto


私は、人がどう生活してきたかという時間や思い出は、その人々が特別に思っている物(日用品、道具、玩具など)に念のように宿っているはずだと思います。
私はその物達を銅版画のメゾチントの技法を使い、作品として制作します。
その版はその物達の形に切り出され、彼ら自身をさらに浮き立たせます。


実際に特別な思いで用いられてきた物を、自分の手仕事でできるだけそっくりに版を彫り出していく工程は、その物を通して、そこに在った人物や時間を見る行為なのだと思います。

ここ、Galerie Weissraumで、今までたくさんの展覧会が行われ、多くの時間が蓄積してきました。
この部屋に常に在る物たち(備品など)は、入れ替わる作品や鑑賞される方々、作家、パーティでのおしゃべり等等と、時間を共有してきたはずで、本展では、その常に謙虚に寄り添っていた物たちを銅版画にしました。

今回の新作、長椅子のシリーズは、版画の特徴の一つである複製を作るという事に焦点を絞りました。
同じ版で何枚も複製し作られる作品達。私のちょっとした力の入れ具合、体調、気候、時間帯、精神状態、そして版の寿命、不明な何かの調子で、全て同じ長椅子でも違った表情の椅子になります。

そんなに、馴染みのない物でも、繰り返す作業で、私はこの長椅子とはかなり親しい仲であるかの様な気がしてきます。


I think that the time and memories of how people lived be in their belongings(Daily necessities, tools, toys, etc.).

I will use the mezzotint technique of copperplate print to make as art works.
And the plate is cut out in the shape of the objects and makes them, and It further emphasizes themselves.

I carve the belongings on copperplate with them special memories.
Through this things, I think that process is the act of seeing the people and time involved with them.

Many exhibitions have been held at Galerie Weissraum and a lot of time has been accumulated.
I think that the things in this room shared time with many art works, many viewers and many artists.

In this exhibition, I made these things that always were stay together with weissraum by copperplate prints.
This time, the sofa series focused on making copy, one of the features of printmaking.

Works that are copied by the same edition.
The sofa will all have different facial expressions, depending on how my power is put, physical condition, climate, time of day, mental condition, plate life and other things.

Even those that are not so familiar to me, I will feel very close to this sofa by repeating this work.

この記事へのコメント